2007年08月30日

井出洋介がおくる 井出式麻雀解体新書

たった1回の親番で95200点差を大逆転し、王座を制覇した男の麻雀の勝ち方を教えます!


●多くの麻雀愛好家が陥る致命的な誤解とは?!
 麻雀で勝ち組になるのは簡単なことです。91%の麻雀愛好家は麻雀の真の姿を知らないだけなのです。
 まずは、“アガリ = 勝ちではない“ ということに気づいてください。

●“攻め”とは何? これが即答できなければライバルに差をつけることはできません!
 何回やっても勝てない人は、これが理解できてないので、効率的な戦略を構築できていません。
 大事なことは、リーチ、及び、食い仕掛けに関する考え方とその使い方です。

●攻めと守りの基本ができるようになれば、あとは状況判断です。
 親か子か、東場か南場か、何巡目かなど、 色々な要因があります。
 例えば、イーシャンテンとテンパイに必要な牌の差はたったの1枚。
 しかし、その牌の差だけに目を向けるのは今日で卒業です。
 差はアガリまでのプロセスの違いであることをおさえてください。


実はこれらのことを誤って理解していると、

経験値だけがひたすら上がり続け、

勝率アップなど到底望めない恐れがあります。

詳しくは>>>井出洋介がおくる 井出式麻雀解体新書




※「ギャンブルは投資」だと思っておられる方はランドマークの情報ラインをお役立て下さい。


ラベル:麻雀
posted by gambler1 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。