2009年10月19日

パチンコ革命・ホルコン攻略理論/初級編

パチンコ攻略法、ボーダー論、パチンコ情報商材などを買っても
効果がなかった人もなぜ勝てなかったかがわかるように
説明しています。


現代のパチンコはコンピューター制御により全ての大当たりを
操作しています。
いわゆるホルコンによって確率の変更や出玉の演出が計画的な
売上管理のために日常的に行われております。
(ホールコンピューターメーカー公開資料より)


60分間に12回存在する大当たり判定とは


大当たり判定時間というシステムがホルコンには備わっており、
1時間に12回の大当たり判定が行われます。


この毎時12回の判定とは、
各グループ分けされた台がいくらお金を回収したのか、


そしてその回収した金額の一部をさまざまな台に還元するという
判定・審査・調整を行っているのです。


ある決まった時間に大当たりする事実。


このマニュアルを読んで書かれている現象をピンポイントで
目撃してください。


毎時間12回あるこの大当たり判定時間は30秒間です。


全国のホールの多くがこの30秒間に大当たりしやすいのです。


ですから判定時間をしっていると、

ピンポイントでの大当たりの狙い撃ちだけではなく


この判定時間の30秒間を中心に打てばいいので


無駄なお金を節約できます。


つまり大当たりする可能性の低い時は打たなくて済むという
メリットがあります。


▼パチンコ革命・ホルコン攻略理論/初級編






>>>Landmark infomap<<<



posted by gambler1 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。