2009年10月16日

大島和也の師匠・新田亮の『競馬頭脳オペレーションシステム』

複勝馬券投資法はリスクと配当を引き換えるような、
臆病者の戦略ではありません。

ある独自の方法によってレースの出走頭数をコントロールします。
そして、より投資対象として魅力的なレースに絞って
資金を投下する”攻めの姿勢”を重視したものなのです。



既に十分すぎるほど、競馬をやっているあなたのことです。
複勝馬券について、既にご存知だと思いますが、
念のために確認しておきましょう。

複勝は出走頭数が7頭以下の場合は2着まで。
出走頭数が8頭以上の場合は3着まで。

それぞれ馬券を勝った馬が入着すれば的中となります。


当然、出走頭数が少ないほど的中しやすくなることは
言うまでもありません。

しかし、そんな少頭数のレースだけを狙っていたのでは、
年間で投資できるレースは20レースあればいいほうでしょう。
(実際はもっと少ないでしょうが)


しかし、私の馬券投資法の一部を使うだけで、
投資に有利な5〜8頭立ての簡単なレースを
いくつも生み出すことが可能になるのです。

▼大島和也の師匠・新田亮の『競馬頭脳オペレーションシステム』










>>>Landmark infomap<<<


posted by gambler1 at 16:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ナナちゃんのフ ぇ ラテクにハマって抜け出せねぇぇぇぇ!!!!
特にチューって吸いながら舌でティムコヘッドをペロンペロン舐め回すテクな!!
あれ本当にヤバイwwwあんなの食らってハマらない男の方がおかしいってwwwww

あーやっぱガマンできねーから今日も舐められに行ってくるわー!!ー二三ヘ( ゚∀゚)ノ
http://kamui.gatsbyy.com/l37978x/
Posted by この仕事うますぎw at 2009年10月17日 10:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。