2009年06月17日

ワンダーウォール馬券術 大島和也が確実性と爆発力を高次元で融合させた最後の馬券術

「シークレットコード馬券術」
私が始めて世に出した馬券教材です。

この馬券術は単勝の全頭買いをしても利益を計上できる
波乱のレースを狙い打つ、非常に高度な理論を用いた、
それでいて高い効果を誇り大好評をいただいています。

しかし、このシークレットコード馬券術は、安定感と引き換えに
爆発力を代償として失った理論でもあったのです。

回収率はどんなに高くても1000%程度。
コンスタントに勝つことは出来ても
よほどの元手がある人ではないと、大きく勝つことは出来ません。

そんなこともあり、シークレットコード馬券術の購入者の方からは

「もっと、より大きく儲ける方法はありませんか?」
「シークレットコードの回収率をより高めるカスタマイズは出来ませんか?」

そんな声をちらほらいただきました。

そんな時、私の返事はいつも一緒でした。

「シークレットコードは完成された理論。
 これ以上のカスタマイズも応用も不可能です」

しかし、その返事をするたびに
世の人が求めているものはもっと他にあるのではないか、
もっと少ない元手で・・・いや、仮に元手は一緒だったとしても
より、大きく儲ける方法はあるのではないか、

そう考えるようになっていったのです。

そして編み出したのがこの「ワンダーウォール馬券術」だったのです。

>>>ワンダーウォール馬券術 大島和也が確実性と爆発力を高次元で融合させた最後の馬券術


>>>LANDMARK<<<



posted by gambler1 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。