2009年02月25日

1000万馬券まで完璧に読み切っていた予知理論先駆者の最も信頼する三つの千里眼

10年ほど前に発見した「理論」を、「三つの千里眼」に分類した、
その後、指数化(予知指数)に成功、長年の蓄積データを基に検証、
確信を得た理論です。

指数の組合せで馬券を選択するとてもシンプルな馬券術であります。

現在、多種多様な理論が存在するのは確かです。

しかし、この予知理論は全く質が異なります。すべての競馬新聞、
JRAホームページなどを隅から隅まで覗いても見つかりません。

なぜなら、別の世界から導き出しているからです。

また、万が一、それを見つけたとしても、解読は不可能でしょう。

この予知理論の発見は、「まさか!偶然でしょ」の友人の一言が起源です。

つまり、一般の人が「まさか!偶然でしょ」と思う事ですから、
誰も気が付かない事なのです。「偶然的思考から必然的見解を探る」
とでも言いましょうか。

詳しくは>>>1000万馬券まで完璧に読み切っていた予知理論先駆者の
最も信頼する三つの千里眼


ラベル:競馬
posted by gambler1 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。