2008年07月29日

アイムジャグラー必勝攻略法 「脅威の機械割126%の秘密!!」 期間限定特別価格で販売中!!

私はこれまで実に6年間、パチスロの収入で生活を続けてきました!!

キンパル、アラジン、猛獣王、ミリオンゴッド、巨人の星、マッハ、ネオプラ、吉宗、北斗の拳、銭形、猪木、パワフル、番長、俺の空、etc...

4号機時代の収入はピーク時で年700万以上!!

4号機時代後半のいわゆる4.7号機時代でも年400万は稼いでいました。

しかしパチスロの規制は強化され、ついに時は皆さんご存知の5号機時代へと突入...。

昨年にはホールから4号機がすべて姿を消す事となりました。

そしてそれに伴い私のパチスロ収支も急降下...。

稼ぐどころかマイナス収支の月も多くなり、もうパチスロを辞めようと何度も考えました。

これは決して私だけの問題では無く、全国的にパチスロで勝ち続ける人は 4号機時代に比べ大幅に減っています。

それは何故か!?

これには様々な理由がありますが、その説明の前に5号機時代について皆さんに一つ、必ず知っておいて欲しい事があります。

それは...

「現在、我々客側だけでなくホール(パチンコ店)側も本当に困っている!!」

ということです。

5号機はコイン単価が低い台が多く、 また設定が素直にボーナス確率に表れやすい、低設定での勝ちがほとんど期待出来ない、

などといった特徴があります。

これはどういう事かというと、低設定だと判断された台(例えば、夕方でボーナス確率が600分の1などといった台)をお客が誰も打ってくれない、という事になる訳です。

4号機時代は設定に関係無く、運次第で大勝ちの可能性が存在しました。 (吉宗の1G連チャン、北斗の拳のバトルボーナス連チャンなど)

その為明らかに低設定だと思われる台でも、爆発を期待して座る客というのがいたんです。

しかし、5号機の低設定には夢も希望もありません。

客側も十分それを分かっているため、低設定と思われる台にはそうそう座ることは無いです。

ただ、ここでホールの利益がどこから出ているか考えてみてください。

ハッキリ言います。

ホールは客に低設定を打ってもらう事で利益を出しています!!

パチスロに詳しい方からすれば当たり前ですが、これは100%間違いの無い事実です!!

しかし、上記のように低設定を低設定と知りながら打つ客は少なくなりました。その一方で高設定だと思われる台は閉店までキッチリ回されます。

こんな状況でホール側が今までのように利益を確保し続けるのは至難の業でしょう。

実際にウチの近所でも、潰れたホールやパチスロを減台したホールが数え切れないほどあります。こんな状況では当然ホールも高設定をこれまでのように使う事はできず、必然的に我々スロッターが厳しい状況になってきたというわけです。

そしてそんな状況に輪を掛けるように、更にホールの経営を苦しめる要因があります。

それは...

ズバリ、新台の入替費用です!!

今の台は移り変わりがメチャクチャ早い!!

そして高い!! 新台1台の値段は50万円以上とも言われています。

そのお金がどこから出ているか...。

もう言わなくても分かりますよね(笑)

4号機時代の吉宗や北斗のような長く使えて人気のある台というのが

ホールにとっては1番ありがたいんですよね。

1店舗に50台、60台。多いところでは100台以上導入しても、コンスタントに客がつくような台。

そんな5号機あるのでしょうか?     

実は1つだけあるんです。

近所のホールを4、5件覗いてみてください。すぐに分かります。

そうです。その機種の名前は、

アイムジャグラーです。

アイムジャグラー必勝攻略法 「脅威の機械割126%の秘密!!」 期間限定特別価格で販売中!!


ラベル:パチスロ
posted by gambler1 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パチスロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。