2008年07月27日

スリーゲート競馬 業界初!ゲート番号を3行見るだけで回収率400%

私は今では、競馬で加算側の人間です。

が、

競馬を始めた、最初の頃は、競馬が大好きで 
いつも朝の1レースから最終レースまでそして
3会場すべて馬券を買わないと気が済まず、
勝ったり負けたりを繰り返していました。

いつも競馬新聞を買い、レースが終わったら家の中に
投げ捨てていました。そんな日々が続いたある日のこと。

ある日とうとう軍資金も無くなり、やること(競馬)が
なかったのでしたが、いかんせん競馬が大好きなもので、
しかたなくどっさり溜まった過去の新聞を眺めていました。

そして出走馬と枠順と結果を細かく照らし合わせて
「何か面白くて、実用性のある法則はないだろうか」と
一人で黙々と研究をしていたのでした。
(このような思考が今、考えるとターニングポイントだったのです)

そんな日々が3ヵ月続いたころ・・・

そんなときでした。衝撃の発見をしたのは!今でも忘れる事が
できません。2004年の12月3日の事でした。

ふと「ある疑問」が浮んできたのです・・・   

どうしてこの馬は出走しているのだろうか?

わざわざこのレースに出走させなくても、私が馬主ならもっと

別のふさわしいレースがあるのになぜ・・・

と思った直後・・・最初はただ「あれ」と思っただけでしたが・・・

次の瞬間「あれ、あれ、あれ・・!」と続々、
過去の結果をフラッシュバックし・・・

そんな馬がどのレースにも存在し、その結果を照らし合わせて
いくと何かが符号するではないか
(なんだか恐ろしい事になっていくぞ!)

ということは、事前にこの馬がわかる訳だから・・・
その秘密を家中にある新聞で徹底的に調べてみようと。
(やはり、何かある! しかしこんな驚くべき事実が実際
あってもいいのだろうか?)
(常識的に、今までの競馬で考えていたことは、
一体何だったのだろうか?)

そして遂に気付いてしまったのです。発見してしまったのです!

この馬の「これ」と連対する馬の「あれ」が・・・

つまり

なぜっと思っていたこの不可解な事情のある馬のゲート番号と、
そのレースで1着2着3着する馬のゲート番号が、
ある法則を介していくとピタリと符号することに気付いて
しまったのです。

実は、この馬の存在こそ、このお手紙の上では「特殊馬」と呼び、
劇的な方法で毎週、回収率
400%急加速していった「核」となる馬だったのです。

もっと詳しく知りたい方は>>>スリーゲート競馬 業界初!ゲート番号を3行見るだけで回収率400%


ラベル:競馬
posted by gambler1 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。