2008年08月05日

競艇解体新書

今まで35年間の競艇経験から言わせてもらうと、
他のギャンブルはどうなのかわかりませんが、競艇に限って言えば・・・

手っ取り早く稼ぐには、正しいやり方をその道の専門家から学ぶこと!

ごく「当たり前」なんて思われたかも知れません。

しかし、現実問題『本物の専門家』に出会うこと自体難しく、
正しいやり方、正しい知識というのはほとんど公開されていないのが
現実です。

また競艇予想会社の中には何通りかの予想を会員ごとに配信するなど
詐欺まがいのものも横行しています。

もちろん、ちゃんとしたサービスを利用すれば確かに
いい面もあります。

しかし、素人の場合・・・

知らないまま、悪質競艇予想会社に捕まって、
根拠のない予想をそのまま買わなくてはならなくなってしまいます。

その結果当然・・・「大負け」となってしまうのです。

どれだけレースを分析し、科学出来るのか?
それが、競艇では最も重要なことなのです。

「ギャンブル的に予想をするのではなく、
しっかりとした根拠・データを科学して舟券を買う」
のが競艇で稼ぐ一番の近道なのです。

もっと詳しく知りたい方は>>>競艇解体新書


ラベル:競艇
posted by gambler1 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TRUTHホールシステム各論「入門編セットDVDと解説冊子」わかりやすいビデオとPDF。趣味と実益の方もプロ指向の方も、攻略上、避けてては通れない全判定時期を簡単理解。

2008年5月までは10万円で販売、 今回、皆伝編発表のため60%オフです。
ホルコンが OKを出す全判定時期を知ってしまう!!
可能性は無限となる。これはスゴイことです!!

商品名は入門編としていますが、ここで取り上げるG&AP打法(判定時期)は、
吉野のホールシステム攻略の最重要ポイントです。
本書で「グループ構成」と「ホルコンが何をしているか」を知り、
入門編で判定時期を知れば鬼に金棒となります 。
入門編「TRUTH ホールシステム各論 G&AP打法&当たり番確認打法」の
DVD&解説冊子付の概略内容

TRUTHの攻略法は打法と名付けていますが、すべて知識打法です。
驚異の法則が貴方を待っています!
その1 G&AP打法
パチンコ業界は、大当たりは抽選方式であると騙し続けています。

確かに抽選方式ですが、この抽選は台自体に設置されている基盤による抽選ではなく、ホールコンピューターによる「作為の抽選」であり、すべての当たりはホールコンピューターがグループ単位で作り出しています。
北海道から沖縄まですべてのホールが同一システムです。
毎時間、複数の大当たり判定時間が設定されていて、すべてのホールが同一時間です。
G&AP打法は、これらすべての判定時期を知ってしまうことにより、この判定時期を待ち伏せたり、判定時期の同グループの動向を知り、当たり番の所在や各台の或いはグループ全体の好調度を把握します。
ホールコンピューターが繰り出すグループ判定機能と、移動判定機能及び連ちゃん中の次の当たり判定機能の全容完全解析です。
わずかな判定の時期を的確に知ることにより、いつ判定が有るのかを知ることは勿論、絶対に当たらない時期も知ることが可能となります。
その2 「当たり番確認打法」
鋭利&シンプル
G&AP打法では、判定の時期は100%知ることが可能となりますが、当たり番の有無については知ることができませんでした。当たり番確認打法では

★自台からは、今、自台に当たり番(制御盤)が有るか否か?
★他台の確変大当たり中に、当たり番がその確変中の台から
  一時的に移動してしまっているか又は居座っているか?
★他台の大当たり中に、自台に生じるある反応から70%程度であるが、
  自台に当たり番が移動してきたか否か?
を高確率で把握できます。
すべての大当たりは、ホールコンピューター( P マネージャー)が、グループ構成を軸に、定められた時間帯 ( 判定時間 ) で操作する。
各台はスタートチャッカーに入賞するごとに抽選されるが、ホールコンピューターが OK を出したグループ内の、当たり番の台だけが大当たりする。
このホールコンピューターが OK 或いは NO を出す時期が判定時間です。
判定時間内に入賞しても、ホールコンピューターが OK を出さないグループでは大当たりは発生しません。
従って、大当たりは自力では作り出せない。
上記の判定範囲内に入賞した入賞玉及び保留玉で、「リーチの集中、ミッション系リーチ、スーパーリーチ」が発生する。
このメイン AP と後述するサブメイン AP では、グループ判定されようが、されまいがホールのすべての台にリーチの集中、ミッション系リーチ、スーパーリーチ等が発生します。
元気のない台には、ノーマル或いはキャラだけの出現、
中堅の台にはリーチの集中や低確率のスーパーリーチ、
勢いの良い台やグループ判定されて当たる台 ( 当たり番 ) には熱いスーパーリーチが発生します。
そしてこのメイン AP の判定範囲内で、その台のグループがグループ判定されると、当たり番の入っていたグループ内の 1 台に、グループ判定の初めの当たりが発生する。
メイン AP でもサブ AP でも、同グループ内の他台に当たろうとしている時は、グループ判定時も移動判定時も極端に回らなくなる或いは当たり番の台と同等の S リーチ ( ハズレの ) が発生します。
従って、メインやサブ AP で極端に回りが悪くなった時、熱いスーパーリーチを外した時は、その判定時期に同グループ内の他台に大当たりが発生したと判断してよい。
上記の意味を理解されたい向きは、入門編をご購入下さい。

もっと詳しく知りたい方は>>>TRUTHホールシステム各論「入門編セットDVDと解説冊子」わかりやすいビデオとPDF。趣味と実益の方もプロ指向の方も、攻略上、避けてては通れない全判定時期を簡単理解。2010 パチンコ維新の読者向き
ラベル:パチンコ
posted by gambler1 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。